読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M's Photography 松下直樹のブログ

山陰の写真家 松下直樹のオフィシャルブログです

パラコードブレスレット(自作)

f:id:matsushita-photo:20170509195236j:plain
Canon EOS M with EF-M22mm F2.0 STM f2.0 SS1/125 ISO1600

 

先日、クライアントさんからパラコードブレスレットというものをいただきました。

カラフルなパラコードを編んだブレスレットで、こういうのを作れる人って羨ましいなぁなんて思い、

調べてみると、編み方はそんなに難しくないようで、それなら自作してみようと思い、

世界に一つ、自分だけのブレスレットを編み込んでみました。

 

f:id:matsushita-photo:20170509200223j:plain
Canon EOS M with EF-M22mm F2.0 STM f2.0 SS1/125 ISO1600

 

編み方は比較的スタンダードな「コブラステッチ」という編み方です。

クライアントさんにいただいたブレスレットは樹脂のワンタッチバックルが付いていましたが、

自分の場合、こういう物はズシっと重いほうが好きなので、バックルは金属のシャックルにしてみました。

シャックルの留め部は三穴あって、三段階の長さ調節が可能です。

 

f:id:matsushita-photo:20170509200552j:plain
Canon EOS M with EF-M22mm F2.0 STM f2.0 SS1/125 ISO1600

 

さて、このパラコードですが、パラコードとはパラシュートに使われている紐のことで、

4mm程度の細さですが、強度が高く、耐加重は約250kg。

そして、このブレスレットを解くと2m以上の長さになります。というわけで身に着けていれば

例えばアウトドアでテントやタープなどの張り綱が切れたときの補強や、登山の際は

トレッキングシューズの紐が切れたときの代用やツェルトの張り綱の補強にも使えます。

映画「マッドマックス」で主人公が身に着けていたということで、巷でも流行りつつあるようです。

ファッション性も高く、もしもの時に備えて身に着けていたいアイテムですよね。

 

編み方も分かってしまえば簡単で、この程度なら30分くらいで作れると思います。

特別な工具も不要ですし、皆さんもトライされてみてはいかがでしょうか。

編み込みの際、一段ごとに引っ張って絞め込む必要があり、製作には手袋があったほうがいいでしょう。

絞め込み時に素手では手が痛くなると思います。(経験者談)